自民党のパーティー券収入の一部を政治資金収支報告書に記載しなかったことから、自民党には逆風が吹いている。特に安倍派にはこれまで長らく政権の中軸で権勢を振るってきたしっぺ返しの逆風が党内からも吹いている。その中で、派閥が諸悪の根源であるからこれを解消せよとの意見があるが賛成できない。自民党は共産党のような理論軸から出来た政党では無く右派から左派まで幅広い政党であり、その中での派閥はあたかも党内政党のような存在としてこの政党の原動力になってきた。総理大臣を出す派閥が変わることで一種の政権交代を行ってきたともいえる。その派閥を解消して何をするというのだろうか。派閥間の切磋琢磨が政治のダイナミズムを形成してきたこの国で派閥解消をすることで政治と金の問題を解決できるはずもない。かといって批判するだけで政権担当能力が無く、自民党が支持率を落としている中でもいっこうに支持率が上がらない野党も情けない。

(明石市H)